So-net無料ブログ作成

早実の清宮、超高校級の身長と体重で甲子園だ!! [スポーツ]

いよいよ甲子園に王手をかけた早実。その注目の一年生スラッガー清宮幸太郎君への注目がうなぎのぼりだ。身長184㎝体重97キロとも100キロともいわれる彼のすごさに迫りたい。


野球に目覚めた少年時代



清宮君が野球に興味を持ったのは小学生の頃だそうです。あの伝説の早実VS駒大苫小牧の夏の甲子園決勝で感化され、野球をやりたいと思ったのだとか。

それに対し、父で元ラグビー日本代表選手の清宮克幸さんのかけた言葉がまた素晴らしい。

「野球で1番になれ。だめならラグビーをやれ」

息子の幸太郎君の意志を最大限尊重する気持ち。本来ならラガーマンの克幸さんにとって、ラグビーの道に進んでくれるほうが嬉しかったに違いありません。その市場を押し殺して息子の背中を押すあたりが心憎いですね。真面目な幸太郎君は父のエールによっしゃがんばるぞと思ったのでしょう。4年生でリトルリーグに入団後は快進撃を続け、ピッチャーとして130キロ超えの球を投げながらスラッガーとしての才能を開花させ、「和製ベーブ・ルース」の異名を得るまでになったのです。
元巨人の河相選手や、清宮君の大先輩の王貞治もそうであったように、野球の才能が素晴らしい人の中には、エースで4番の人が少なからずいます。彼もそういうタイプだったようで、それでいてのあの体格、向上心の塊なのですから、結果が出ないはずがありませんよね。
image.jpg
www.hochi.co.jp

プロも注目するその才能とは…


決勝戦はマスコミ各社が【清宮シフト】をとるということです。それは裏を返せば、まだ高校一年であるにもかかわらず、プロ注目の逸材であることの証左です。

ヤクルトの元スカウト片岡宏雄さんによると、懐の深さ、積極性、タイミングの取り方に非凡さを感じるのだそうです。加えて選球眼もいい。投手が投げているうちに彼の雰囲気にのまれて甘い球を苦し紛れに投げ、それを逃さず痛打というシーンが多くみられますが、こういうところに理由があるんでしょうね。

ただ片岡さんは課題も指摘しています。それは彼の体重。元広島の4番小早川毅彦さんも、PL時代は太っていて、走り込みに余念がなかったといいます。太って体のキレがなくなり、高2、高3になって伸びないケースもあると懸念を示しておられることも、彼には注意して練習に取り組んでほしいなと思いますね。
まあ何はともあれ、まだ高1でこの破壊力はハンパないということには間違いないですがね…


あの松井秀喜さんも清原和博さんも高1でデビューし、甲子園の記憶にも記録にも残る大選手になりました。両親のDNAをしっかり受け継いだ清宮幸太郎君が、その身長のように大きく飛躍してくれることを願ってやみません。

パソコン一台で顔出し声出し不要。ユーチューブから月収30万以上の不労所得!驚愕のノウハウを無料で公開!! http://move-asp.com/lp/742/138881



スポンサーリンク




タグ:早実 清宮
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。