So-net無料ブログ作成

鹿児島県の桜島が大規模噴火確実との予測! [災害]

鹿児島県の桜島が異常事態で大規模噴火確実との予測が発表されました。今まで何度となく噴火し、島民は噴火と隣り合わせな中、噴火と共存しながら生きてきました。しかし、今回ばかりは少し情勢が違うようです。そのあたりをまとめてみました。
山と海.jpg
kic-update.com


これまでも噴火は常態化していた



総理官邸に飛来したことで有名になった「ドローン」ですが、桜島で常態化している噴火を初めて間近でとらえることに成功しました。まずはそのリアルな映像をご覧ください。



こんな感じで桜島は日本を代表する活火山。活動の起源は約2万6千年前にまでさかのぼり、1914(大正3年)の噴火で大隅半島と陸続きになり、過去にも大きな噴火があったことがうなづける。有史以来の主だった噴火は30回以上記録に残されているようです。


切迫する危険が明らかに…



桜島の活動は今年になり非常に活発になったようです。今年の噴火をまとめてみると、8月14日時点で、トータルで1154回の噴火が発生し、うち691回が爆発的噴火となっています。そして今回の急激な変化につながります。15日午前九時以降、一時間に100回超の火山性地震が観測されました。
気象庁によれば、地下のマグマだまりからのマグマの供給量が増え周囲の岩盤を壊しながら上昇することで、近年ないようなレベルでの山体の膨張や火山性地震の頻発につながっているようです。

こうした変化を、専門家で、桜島を間近で観察している人物が次のように捉えている。
京大火山活動研究センター長(同センター桜島観測所常駐)の井口正人教授こそがその人。

彼は、近年活発だった1986年の活動と比較しても相当大きなものになり、今すぐ噴火してもおかしくないと述べており、大規模噴火への速やかな備えの必要を訴えている。


島内の避難所に避難、もしくは避難を検討している4400人の住民にとっての懸念は、高齢者が多いことによる心労と、避難が長期化することによる生活の不便さです。鹿児島県と市は、迫りくる危機に対して、迅速に連携した対応で対処してほしいものです。

顔出し・声出し不要で月収30万超え!ユーチューブで稼ぐ驚異のノウハウを無料で公開…ここからあなたの人生が変わる!! http://move-asp.com/lp/742/138881

ライブカメラもとらえた桜島噴火の瞬間! [災害]

桜島大規模噴火の危険が高まっていますが、南日本新聞社のライブカメラでは新聞社5階から撮影された画像を1分ごとに配信しており、その変化する山の様子が刻々と知らされています。特に面白いのが、爆発や噴火の瞬間をとらえた画像がアクセスランキングになっており、9日や10日の噴火の様子が中でも際立っています。

http://373news.com/_sakucap/

しかし、地元の人たちにとってはシャレにならない緊急事態なわけで、事態の深刻さをまとめてみました。

引き上げられた噴火警戒レベル


桜島は、一年を通して、時々噴火している印象があり、確かに今年初めにも割と大規模な噴火があったほか、噴火警戒レベルは大体2(火口周辺規制)が出ており、活動していない時期はないといっても過言ではない山です。


そんな桜島ですが、何と今回は大規模噴火が迫っている可能性が極めて高いとのことで、気象庁が噴火警戒レベルを4に上げ、何と5への引き上げさえ視野に入っているとのこと。よほどの緊急事態であることは間違いありません。
実際、京都大学防災研究所火山活動研究センター長の井口正人教授は、地震活動などの状況を、近年にないものだとまで言い、想定される噴火の規模も大規模で時期も大変切迫していると述べています。

マグマだまりにも顕著な変化


京大の井口教授が指摘する、近年にない地震活動を表すデータとしてわかりやすいのが、地震回数である。2015年8月15日になって、午前9時以降、1時間に100回超の火山性地震が観測されるほどになってきているのですが、これは、地下のマグマだまりから大量のマグマが供給され、それが周囲の岩盤を壊すことになり、、山体の膨張や火山性地震につながっているようです。

20150816-00000061-san-000-2-view[1].jpg
2015年8月16日産経新聞より

近年の大噴火として挙げられるのが、1986年のものなのですが、この時の噴火では、南岳山頂火口が爆発し、直径2メートルの噴石がホテルを直撃する被害も出たようです。
これを上回る可能性があると井口教授も指摘していることから、すぐ近くに市街地がある鹿児島市でも降灰による農作物や市民生活への影響は計り知れません。すでに島民4400人は島内の避難所に避難しているようではありますが、避難の長期化に備えた対策と島民の多数を占める高齢者対策が急がれます。鹿児島県と市が一体となった対応策を願いたいものです。

sakurajima縦長写真.jpg
ja.wikipedia.org

顔出し・声出し不要で月収30万超え!ユーチューブで稼ぐ驚異のノウハウを無料で公開…ここからあなたの人生が変わる!! http://move-asp.com/lp/742/138881

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鹿児島県桜島の噴火で避難!被害必至!? [災害]

鹿児島県桜島が、近年にない大噴火の危険が切迫、被害を避けるために、島の3地区51世帯77人に避難勧告が出ています。不安な状況が続く桜島島民の現況と迫る噴火の危険をまとめてみました。

とにかくハンパない危険が迫っている!!


気象庁は、2015年8月15日10時15分付で、噴火警報を発令しました。これがどんなレベルのものかというと、噴火警戒レベルが5段階で上から2番目の4にあたり、避難準備をせよとの内容なんです。ちなみに桜島の火山本体は北岳、中岳、南岳で構成されますが、現在噴火しているのは南岳になります。その南岳山頂火口とその東側に位置する昭和火口それぞれから3㎞以内の有村町および古里町が対象地域になり、大きな噴石及び火砕流に警戒をしなければならないようです。この警戒レベルは最高ランクの5への引き上げすら検討される状況のようです。
気象庁発表png.png
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/506.htmlより

その危険を裏付ける専門家の見解


火山性地震の数もきわめて多いのが注目に値しますね。15日午前九時以降一時間に100回を超える火山性地震が起こっており、15日午後5時までに有感地震も4回発生しています。この状況について、京都大学防災研究所の井口正人教授は、今までにない状況で、今後起こりうる噴火が大規模でしかも切迫している旨のコメントを発表していることから、自治体側でも、大規模噴火を前提として住民を避難させざるを得ないとの認識を、当然気象庁と共有しているものと思われます。



懸念されるのが避難住民の年齢


口永良部島の噴火の際も明らかとなったのですが、人口4400人余りの島で島民の大多数は高齢者なんですね。島内の避難所に身を寄せる人たちからも不安の声が寄せられているようです。狭い避難所でなれない生活をお年寄りが強いられることになるって、何かと大変で、心労もかさみますものね…。市の職員の話によると大半が80代から90代の高齢者との情報もあり、やはり健康面での不安が出ないかが一番心配であるようです。

桜島市街地.jpg
www.data.jma.go.jpより

南岳山頂火口で1986年に発生した爆発は、直径2メートルもの噴石がふもとのホテルを直撃し、けが人も出たといいます。今回はこの噴火と同程度かそれ以上の可能性があるというのですから、できるだけ遠くに住民を逃がし、鹿児島県と国も含めた万全のサポート体制を組まないと、対応が後手後手に回って予想もしない被害や二次災害などが起こることだってあり得ます。そこがスムーズに展開できるよう願ってやみません。

顔出し・声出し不要で月収30万超え!ユーチューブで稼ぐ驚異のノウハウを無料で公開…ここからあなたの人生が変わる!! http://move-asp.com/lp/742/138881

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。