So-net無料ブログ作成
検索選択

ミネラル麦茶にカリウムの効能! [健康]

夏になるとつい飲みたくなるのが、ミネラル麦茶。そのミネラル線分はカリウムとリンです。

まあ細かいことはあとで述べるとして、その色と香ばしさは、小さい頃からなじみのあるものであったに違いありません。冷蔵庫を覗くと、必ずと言っていいほどありませんでしたか?冷えた麦茶が…。で、そんな麦茶を夏だけの風物詩にしちゃうのはほんとおしい!といえる効果が明らかになっているんです。今日はそこに注目してみました。

麦茶、その栄養素     
麦茶は主に、六条大麦という種類の麦から作られますが、鳩麦から作られることもあります。主要なこの二種について、本稿ではその栄養素を解説していきますね。
mugicya2.jpg
www.hitotsumugi.jpより

まず、六条大麦は、亜鉛、カリウム、カルシウム、ビタミンB1、食物繊維(麦を食した場合に限る)、タンパク質、脂質などです。

このカリウムが、まず特筆すべきミネラル。筋肉の働きを高め、高血圧を予防し、塩分を体外に排出してくれるため、汗をかいて塩分の濃いめな食べ物を食べたとしても安心だし、夏バテを予防してもくれるんですね。

これに対して鳩麦の場合、タンパク質、ビタミンB1、B2、E、鉄分、カルシウム、ゲルマニウム、リンなどです。

麦茶、その効能     

Ⅰ血液サラサラ効果…六条大麦で作ったオーソドックスな麦茶の場合、「ピラジン」と呼ばれる成分が、血流改善作用があり、これが女性の多くが悩んでいる、「冷え」に効くのです。
なぜかというと、血液サラサラ効果があり体の奥の熱を皮膚近くまで血液が運んでくれるんですね。だから、効率よく体内の熱が皮膚から発散されるんです。それが夏であれば、熱中症の予防になり、冬なら冷え性の予防になるというわけです。加えて、GABAも含まれ、血圧降下作用もあります。

Ⅱ抗酸化作用…Pクマル酸などが、酸化因子のペルオキシナイトライトに対し、高い消去活性を有し、がんなどのリスクを下げるようです。

Ⅲ胃の粘膜保護に効果があるほか、糖尿病の合併症防止、炎症抑制に効果があるほか、火照った体を覚ます効果もあり、運動直後に飲むのにも適しています。

Ⅳバクテリアの吸着予防…ミュータンス菌(虫歯菌)の菌膜形成を阻害するので虫歯の予防に効果が期待され、またカフェインがないことから子供に飲ませても安心であり、夜はみがした後にでも麦茶を飲ませることで、お菓子を食べがちな子供を虫歯から守るために有効であるようです。

Ⅵカフェインレス…カフェインが含まれている緑茶やコーヒーなどに比べて利尿作用が弱く、便秘や貧血につながるタンニンもコーヒーやお茶の数分の1である。

Ⅶ鳩麦の場合、肩こり、筋肉痛、神経痛、シミ、そばかす、肌荒れ、アトピーの改善美肌効果が期待できる

yjimage.jpg
matome.naver.jpより

麦茶をおいしく入れるには、やかんで煮出したのち、30分程度放置し、ゆっくり冷ますことが、渋みなどの雑味の解消に役立つようです。管理人などは、水出しだと香ばしさやうまみ、香りなどの点で落ちるなあと思っていたので、早速やかんで煮出そうかと思います。このように、麦茶の効果は大変優れていて、健康飲料として四季を通して愛飲してもらえたらと思います。

ユーチューブであなたもひっそり、にんまり…  その驚愕のノウハウを無料で公開!!
http://move-asp.com/lp/742/138881

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。